PMS(月経前症候群)対策改善ナビ » PMS(月経前症候群)とは? » PMDD(月経前不機嫌性障害)とは?

PMDD(月経前不機嫌性障害)とは?

PMSより症状が重いと言われるPMDD(月経前不機嫌性障害)の特徴、PMSとの違い、治療法などを紹介。生理前の不安感が強い人は注意が必要です。

PMDD(月経前不機嫌性障害)とは

PMDD(月経前不機嫌性障害)とは
PMDDとは、PMSの症状がさらに深刻化して、日常生活さえままならない状態のことを言います。PMSに悩む女性は約80%と言われていますが、そのうちの5%の人がPMDDに該当すると言われています。

PMDDの主な症状をまとめると、

カラダ
強い抑うつ、絶望感、イライラ、焦燥感、涙もろい、攻撃的、無気力 過食、過眠、不眠、下腹部痛、吐き気、のぼせ、めまい、腰痛、胸の張り

など。PMSと比べると、自分ではコントロールできないほどの強い精神的症状が出るのが特徴です。イライラや憂うつ感に捕われてしまい、自ら周囲の人との関係を壊してしまったり、暴力や薬物に手を出してしまうことも。

さらに重篤な場合は、自殺を考えてしまったりと…うつ病と同じような深刻な症状があらわれてしまうのです。

ですが、PMDDはPMSと同じように月経前~月経前半の一定期間にしか現れないものでもあります。生理が終わる頃にはすっかり元の調子に戻ってしまうので、とくに治療には行かずにやり過ごしてしまうケースも多いのです。

ツライのは我慢せずにクリニックへ!PMDDの治療法

生理前になるとどうしようもない程に不安になってしまう、もしかしてPMDDかも…?と疑いのある人は、きちんとクリニックに行って治療を受けるのがおすすめです。PMDDになる原因は、女性ホルモンの異常や、脳内神経伝達物質の化学的変化などと言われていますが、いずれにしても「病気」レベルの症状です。

自分では感情がコントロールできずに、暴力やアルコール、薬物に依存してしまうケースもあり、症状によって抗不安薬や抗うつ剤が必要なこともあります。

治療は最低でも1年と長期に及びますが、これらの薬を使って症状を極力抑えたり、自宅での生活習慣を改善するなどの方法で、完治するケースも多くあります。また、PMDDだと思って受診しても、実はうつ病や気分変調症だったという可能性もあるため、他の精神疾患と見分けるためにも、受診は精神科で行うのが良いようです。

  • セルフチェック!