年齢によるPMSの重さの違い

 「PMSは30代が1番重い」という話を聞いたことはありますか?

30代になってから症状がひどくなったと感じる人はたくさんいるようですが、実は年齢そのものよりも30代くらいで身の回りに起こる生活の変化が大きく影響していると言われます。

そして人生の大きな転機である出産も、PMSに関係しています。出産の有無でどのように異なるのか、またその理由も合わせてみていきましょう。

PMSは年齢によって変化する?

女性が妊娠・出産するのに適した時期である18~45歳。性成熟期と言われるこの時期に、PMSは発症します。

20代では頭痛や肩こり、下腹部の痛み、乳房の張りなど「身体的な不調」が強く出る傾向がありますが、30代に入るとこれらに加えて

  • 精神的に不安定になる
  • 攻撃的になる
  • 食欲増加

などの「精神的・社会的」な不調が目立つようになります。頭痛や口唇ヘルペスなどの持病が出やすくなる場合もあるようです。

仕事もプライベートも特に忙しい30代はストレスの影響からか重いPMSの症状に悩む人が多く、この世代のPMSは「30代中期症候群」とも呼ばれています。

また出産経験がある人のほうが精神的・社会的な不調が出やすくなるという調査結果もあります。

環境の変化も大きく影響する

PMSの症状は個人差が大きい上、性格や生活スタイルによっても症状が左右されます。しかし一方で、30代が最も症状が重く出やすいとも言われているのです。これは年齢による変化というよりも、多くの30代が経験する環境の変化が影響していると考えられています。

30代は20代に比べ、仕事の責任が重くなったり、家事や育児に追われたりしてストレスが大きくなりがちです。それだけでなく、忙しさから自分自身のケアまで気が回らなくなってしまう人も多くいます。

仕事の責任や家事育児が全てストレスに直結するわけではありませんが、ストレスに繋がりやすいのは事実です。

これらのストレスからPMSが重くなり、重くなったPMSがさらなるストレスを招く、という負のスパイラルに陥ってしまいます。

出産による変化

出産経験の有無によってもPMSの症状は異なります。出産経験がない人は身体的な症状である下腹部の痛み、肩こり、頭痛などを訴える人が多いです。それに対し出産を経験するとイライラする、攻撃的になる、健康管理ができないといった精神的・社会的な症状に変化します。

産後は子供の世話に追われる上にゆっくり休むこともできないため、ストレスを抱えて精神的な症状が出やすくなる傾向があります。

しかし悪いことばかりではなく、出産によって子宮の入り口が開くことで下腹部の痛みが和らぐ人もいるようです。

まだはっきりと解明されているわけではありませんが、PMSには女性ホルモンが関係しているとも言われています。

これは女性の体は1ヶ月の間に大きく変化しており、女性ホルモンが急激に減る時期にPMSの症状が起こっているためです。

  • セルフチェック!