PMS(月経前症候群)対策改善ナビ » PMSを改善する治療薬

PMSを改善する治療薬

PMSを緩和する薬を紹介します。様々なタイプがあるので、自分に一番合っている治療薬はどれか、チェックしてみてください。

PMSに使われる治療薬一覧

月経前になると、心身に不調を感じるPMS。症状や重さは人によって違うものの、多くの女性がPMSを体験し、そして、悩まされているのではないでしょうか。しかし、自分に合った薬を見つけることができれば、PMSの症状をかなり軽くできます。では早速、PMSの治療に使われる薬を見ていきましょう。

低用量ピル

低用量ピル

一般的に、避妊目的のイメージが強い低用量ピルですが、PMSや月経に関わる病気の治療薬としても広く利用されています。副作用や、そのイメージのため、飲むことへ抵抗のある人も多いでしょう。

しかし、より副作用の少ない低用量ピルが主流になったことで、女性にとっては避妊以外にも様々なメリットのある薬となりました。まず、ホルモンのバランスを整えることで、生理の周期を規則正しくすることができます。また肌荒れを改善する効果も。そのため、美容目的で利用する人も増えています。

毎日同じ時間に飲まなければいけないため、少し面倒ではありますが、慣れれば習慣化するので、それほど心配することはありません。ここでは、PMSの治療に使われる低用量ピルを、具体的に紹介しています。

抗不安薬、抗うつ薬

抗不安薬、抗うつ薬

PMSの症状として大変やっかいなのは、気持ちが不安定になることですよね。イライラが続いたり、泣きたくなったり、自分ではコントロールしきれない気分に振り回されることも多いでしょう。 時には、人に対して攻撃的になってしまい、後になってそれが原因で落ち込んでしまうことも。

そうした精神的な症状を抑えるのに効果的なのが、抗不安薬・抗うつ薬。あなたに合った薬を見つけられれば、少しは心が楽になり、PMSとうまく付き合えるはずです。ここでは、どのような抗不安薬・抗うつ薬があるか、具体的に紹介しています。

市販薬

市販薬

PMSに効く治療薬として注目されているのが、市販薬「プレフェミン」です。 今までは、頭痛には痛み止めを、イライラにはハーブやアロマ…といったように、症状別に対処していた人がほとんどでしょう。しかしプレフェミンは、PMSという病気に対する薬なので、あらゆる症状に対応しています。つまり、複数の症状に悩まされる方も、これ1つ飲めばOKというのが最も注目したいポイント。

西洋ハーブを利用した医薬品なので、安全性はもちろんのこと、効能も確認済みです。ここでは、市販薬プレフェミンの効果や口コミ、またリスクについても解説しています。

漢方薬

漢方薬

鎮痛剤やピルを飲み続けることに抵抗があるという方もいるでしょう。そういった方にオススメなのが漢方薬。ピルのような即効性はないものの、漢方は対処療法ではなく、体質そのものを改善していくので「時間をかけてでも体質を改善したい」という方に向いています。

また西洋薬のような重い副作用はほとんど見られません。種類も多いので、自分の症状に合った薬が、必ず見つかるとも言われています。 ここでは、PMS治療でよく使われる漢方薬をピックアップし、特長や口コミを紹介しています。自分の症状に合ったものはあるか、ぜひチェックしてみてください。

  • セルフチェック!