γ(ガンマ)リノレン酸

生理痛に効く代表食材・月見草オイルに含まれるγ(ガンマ)リノレン酸。その働きや効果、などをまとめています。

月見草オイルに含まれるγ(ガンマ)リノレン酸の効果

γ(ガンマ)リノレン酸
γ(ガンマ)リノレン酸は、月見草をはじめ、ボラージ、カシス種子などの植物油に含まれる必須脂肪酸のひとつです。PMS対策サプリでおなじみの月見草オイルや母乳にも含まれていて、皮膚のバリア機能を高めたり、ホルモンバランスを整えるなどの健康維持には欠かせない働きを持っています。

γ(ガンマ)リノレン酸の効果

  • PMSや更年期障害の症状の緩和
  • アレルギー症状(アトピー性皮膚炎、リウマチ)の改善
  • 中性脂肪を下げる
  • 美肌(バリア機能を高める、爪や髪の形成)
  • 脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化、高血圧の予防

そもそもγ(ガンマ)リノレン酸が有名になったのは、英国のデヴィッド博士によるアトピー性皮膚炎の研究からです。古くから皮膚病の治療に使われてきた月見草に注目した博士は、必須脂肪酸であるγ(ガンマ)リノレン酸が含まれていることを発見し、アレルギー改善の重要な成分であることが明らかになりました。

その後も数々の研究から、γ(ガンマ)リノレン酸には優れた抗炎症作用や、生活習慣病の改善効果があることもわかっています。今現在、ヨーロッパでは、アトピーの治療薬として使われる他、美肌を目指す女性からも多く愛飲されています。

PMSの改善効果も報告されるγ(ガンマ)リノレン酸

アレルギー改善の他にも、γ(ガンマ)リノレン酸はPMSに効果的な成分としても注目を集めています。英国エファモール社による研究では、以下の結果も報告されています。

  • PMS(乳房痛)
    生理前の胸のハリに悩む女性188名に、月見草オイル500mgと偽薬を3ヶ月間投与する試験を実施。月見草オイルを摂取した人たちの多くは痛みが緩和しました。
  • PMS(症状全般)
    月経前症候群の患者203名が、3ヶ月間γ(ガンマ)リノレン酸を摂取。服用前と比べると、20倍以上の有意性が明らかになり、多くの人の症状が大幅に改善しました。

これらの研究から、γ(ガンマ)リノレン酸はホルモンバランスにも関係があると考えられるようになりました。そもそも、PMSの原因は2種類の女性ホルモンのバランス異常と言われています。ですが、近年の研究では、PMSに悩む女性の多くが、Y(ガンマ)リノレン酸の血中濃度が低いことも報告されているのです。

γ(ガンマ)リノレン酸には、生理痛などの痛みを引き起こすプロスタグランジンを抑制する働きがあるため、体内のγ(ガンマ)リノレン酸が減ることによって、ホルモンバランスが乱れている可能性があるようです。

効果的な摂取方法は?

γ(ガンマ)リノレン酸は天然の食品から摂取することもできますが、カシス種子や月見草オイルなど手に入りにくいものばかりのため、摂取方法はサプリメントが一般的です。

サプリを利用する際は、1日340mgのγ(ガンマ)リノレン酸を摂取するとPMSには効果的。症状は全般的なものに効果が期待できそうですが、とくに胸のハリや下腹部痛に悩む方、また、PMSと合わせてアレルギー体質を改善したい人にもおすすめの成分です。

  • セルフチェック!