イソフラボン

生理痛の緩和や骨粗鬆症の改善にも効果的と言われる『イソフラボン』の働き、効果、摂取方法などについてお伝えしています。

大豆成分イソフラボンの効果・効能ってどんなもの?

大豆成分イソフラボン
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つことから「植物性エストロゲン」とも呼ばれる大豆由来の成分です。大豆の胚芽部分に多く含まれていて、乾燥大豆の0.2~0.4%にしか含まれていない貴重な成分でもあります。

サプリやドリンクなどの健康食品にも多く使われるイソフラボンですが、摂取することで以下の効果が期待できると言われています。

イソフラボンの効果

  • 更年期障害の改善
  • アンチエイジング、美肌
  • バストアップ
  • 自律神経を整える、快眠
  • 骨粗しょう症、糖尿病、高血圧、動脈硬化などの予防改善 など

女性ホルモンの中でも、エストロゲンと同様の作用があるイソフラボンは、女性らしさを高めるのに最適な成分と言えます。髪のツヤを良くしたり、肌の保湿、胸を大きくするなどの効果も。また、エストロゲンには骨や血管を強くしたり、代謝を上げる働きもあることから、健康食品としても幅広く親しまれるようになりました。

PMSには効果なし?イソフラボンの働きとは

女性に良いと言われるイソフラボンですが、一部の専門家からはPMSには効果がないとも言われています。その理由は、イソフラボンがエストロゲンとしての働きを持っているため。PMSの症状があらわれるのは、もう一方の女性ホルモンである「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が優勢な時期なのです。どちらかと言えば、PMSよりは、更年期障害に効果を発揮するのがイソフラボン。実際にPMSの改善効果もまだ確認されていないようです。

ですが、女性らしさを高める働きを持つことから、生理前の肌荒れ、ニキビ、乾燥などの予防にはイソフラボンは有効です。また、自律神経を整えてイライラを解消したり、不眠を改善するなど、PMSの特定の症状には効果的な成分と言えるでしょう。

大豆食品+サプリメントで補うのが効果的

大豆由来の成分ということで、もちろん食品からも摂取することができます。食品から1日の推奨量50gを摂取するには、豆腐なら半丁、納豆1パック、きなこで20gほど。女性ホルモンの働きを高めるには、これらの食品を摂りつつ、サプリメントで補うのが一番です。

イソフラボン配合サプリは、その他にも女性に良い成分が配合された製品が数多く販売されています。気になる症状に合わせて選ぶと良いですね。

どんなに健康に良い成分も摂りすぎは良くないもの。サプリを選ぶ際はイソフラボンの含有量が30mg以内のものを選ぶのがおすすめです。

  • セルフチェック!