αリノレン酸

生理痛を抑える働きもあると言われるαリノレン酸とはどんな成分か、効果や効能をまとめました。食品、サプリ、それぞれの摂取方法も紹介。

健康効果で注目されるαリノレン酸ってどんな成分?

αリノレン酸
αリノレン酸とは、えごま油やフラックスシードオイルなどの植物油に含まれる脂肪酸のひとつです。健康には欠かせない必須脂肪酸でありながら、人間の体内では作れないのが特徴のひとつ。

最近は、健康食品としてオメガ3脂肪酸が話題になっていますが、その中のひとつがαリノレン酸なのです。

αリノレン酸の効果

  • 生理痛、更年期障害の改善
  • 中性脂肪を下げる、ダイエット
  • 高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、がん、脳卒中の予防
  • アレルギー症状(アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支炎)の改善
  • 炎症の鎮静 など

良質なオイルに含まれる脂肪酸ということで、その効果も非常に多岐にわたりますね。αリノレン酸は体内に入ると、EPAやDHAという物質に変わり、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあります。そのため、生活習慣病の改善やダイエットにはとくに効果があり、幅広い年代の方から親しまれています。

また、最近の研究では女性ホルモンと似た働きがあることもわかり、よりいっそう注目を集めるようになりました。

PMSや生理痛などへの働き

PMSや生理痛においては、αリノレン酸は主に炎症や痛みを抑える働きに優れています。生理痛などの痛みは、子宮を収縮させる「プロスタグランジン」というホルモンが増えることが原因のひとつ。リノール酸からつくられるこのプロスタグランジンは、αリノレン酸によって分泌を抑えることができるのです。

PMSでも、腹痛や腰痛、頭痛などが起こる場合もあるため、普段から積極的にαリノレン酸を摂取すると良いかもしれません。また、αリノレン酸には女性ホルモンのエストロゲンの分泌を高める働きもあり、生理前のニキビや肌荒れの改善にも効果が期待できます。

サプリメントで摂取するのがおすすめ

先ほど紹介したように、αリノレン酸は食品からしか摂ることができません。中でも多く含まれるのは、えごま油やフラックスシードオイルですが、どちらのオイルも非常に酸化しやすいのが特徴です。炒め物などの加熱料理には向かなかったり、一度開封すると保存も長くは効かないため、αリノレン酸を摂る場合はサプリメントが一番かもしれませんね。

サプリは、αリノレン酸と一緒にDHAやEPAが配合されたものが、体内での合成も早くおすすめです。1日の推奨量は500mgですので、サプリだけで充分な量を補えるものを選ぶのが良いでしょう。

  • セルフチェック!