我慢は禁物!普段の生活を見直してPMS対策を始めよう

PMS(月経前症候群)とは、月経の2週間程前から発症する身体的、精神的症状のことを言います。PMSには周期性があり、月経が始まると症状が治まります。
PMSの主な原因は、女性ホルモンの急激な変化や月経に伴う栄養の不足です。

吐き気、イライラ、体のだるさなど…世の中の8割以上の女性が、生理前のPMS症状に悩んでいると言われています。このサイトでは、そもそもPMSとは何か、主な症状、改善方法、PMSに効果的な成分やおすすめサプリメント情報など、まとめて紹介しています。

あなたはいくつ当てはまる?PMSの症状・不快度セルフチェック

「そもそもこれってPMSなの?」そんな疑問をお持ちの方も多いかと思います。実はPMSは、自分では気付いていないケースもたくさんあるのです。

その理由は、人によって表れる症状や重さ、期間がバラバラのため、すぐに自分がPMSだと気づけないからでしょう。また、この病気自体を知らない人が多いというのも原因の1つです。

体の不調を感じる、気分が安定しない、食欲が増す、衝動的になる…など、生理前に「いつもと違う自分」を少しでも感じたら、PMSの可能性があります。

PMSは、経験のない方には理解されにくい病気です。症状のせいで辛い思いをしないためにも、まずは自分がPMSかどうかを把握しておきましょう。

以下の表で生理前に当てはまる症状がいくつあるか、チェックしてみて下さい。

カラダ 顔や手足がむくむ イライラする 行動 つい人に当たってしまう
乳房が張る・痛む あれこれ考えてしまう 性欲が増す/減る
肌荒れ・にきびができる 感情のコントロールが効かなくなる 暴力をふるう
頭痛、頭が重い感じがする 憂ウツになる カラダを動かすのが面倒
腰痛が起こる 集中力が無くなる 物忘れがひどい
首や肩がこる 人に会いたくない 無性に食べる/食べない
体がだるくなる 落ち込みやすくなる 衝動買いをする
体が冷えやすい 涙もろくなる 失敗が多くなる
下痢や便秘になる 不安になる まじめで几帳面な性格である
下腹部が痛くなる 孤独感を感じる 運動不足だと思う
吐き気がある 緊張する  
眠い/眠れない  
体重が増える

診断結果

 
月経前症候群不快度10%

生理前の不快症状はそれほど強くなく、PMSの可能性は低めです。生理前に体調の変化を感じることはあっても、日常生活に支障が出ない程度ならとくに心配はありません。ですが、PMSは生活の変化や年齢を重ねることで、症状が急に強まることもあるもの。普段から規則正しい生活や、ホルモンバランスを整える食事を心がけるのをオススメします。

 
月経前症候群不快度35%

月経前に軽い不調が現れる人は、ややPMSの不快度も高めと言えます。体のむくみや胸のハリ、だるさ、肌の乾燥などの症状はあるものの、生活は普通にできるという女性はとても多くいます。これらの症状はホルモンバランスの自然な影響でもあるので、あまり気にしないようにするのが一番。ただし、環境が変わったり、疲れが溜まったりすると症状は悪化してしまいます。生理前はストレス、冷えを避けて、なるべくゆっくりと過ごすようにしましょう。

 
月経前症候群不快度70%

生理前にいくつもの症状が出る方は、PMSの不快度も高く、生理が憂鬱に感じる方も多いと思います。いつも通りの生活で我慢をしていると気持ちはさらに落ち込んでしまい、逆にPMSの症状を強めている可能性も。生理前は、仕事も家事も無理をせずに、自宅で好きな事をしながら穏やかに過ごすのがおすすめです。腹痛や腰痛などの痛みがある場合は、サプリメントで改善する場合もあるので、食生活や生活リズムを改めて見直してみましょう。

 
月経前症候群不快度90%

不快症状が16個以上ある方は、重度のPMSと言えそうです。不安感に捕われてしまったり、体調も優れず、ツライ思いをしている方も多いですよね。ストレスはPMSの大敵なので、生理前は充分な静養とリラックスを心がけることが大切です。

症状のパターン別にPMSの対処法

PMSは、症状のタイプによって対処方法も変わってきます。カラダ、心、行動、自分はどんな症状が出やすい人ですか?

カラダの症状が多い人

食事療法と適度な運動が最も効果的です。生理前はホルモンバランスが崩れることで、体内のミネラルやビタミンなどの栄養素も不足がちになります。バランスの良い食事と運動を心がけて、冷え、むくみなどのトラブルを予防しましょう。また、食事で取りにくい栄養は、PMS対策のサプリメントで取るのも効果的です。

生理痛のような痛み・体に出るPMS症状の改善法>>

心の症状が多い人

食生活や睡眠を見直す他に、自分なりのリラックス方法を見つけることも大切です。排卵後から月経までの期間は、ホルモンの影響でセロトニンが減少して、ネガティブな気持ちを引き起こしやすくなっているもの。好きなDVDを見たり、音楽を聴いたり、常に楽しいことで頭の中をいっぱいにすれば、自然と気持ちも前向きになります。食事は甘い物、ジャンクフードなどを避けることも大切です。

イライラや気分が乱れるPMS症状の改善法>>

行動に出やすい人

まずは自分が取りやすい行動をチェックして、事前に適切な対策を立ててみましょう。仕事での失敗が多い人は、あらかじめ大きな仕事は受けないよう調整する、家族や周りの人に当たってしまう場合は、事前に「生理前は○○になりやすいから」と伝えておくと良いかもしれません。また、生理前は不眠や過食にもなりやすいので、決まった時間に食事、睡眠を取るようにするのも効果的です。

仮眠・過食などの行動に出るPMS症状の改善法>>

ツライ症状を和らげるPMSの主な対策方法とは

PMSは人によって症状の出方も重さも異なるものです。これらのさまざまな症状を改善するには、主に以下の2つの方法があります。

日常生活に大きな支障が出るほどのPMSの場合は、無理をせず、クリニックを受診した方が良いでしょう。しかし「病院に行くほどではないけど、症状が気になる」「薬で治すのは副作用が怖い」という方も多いのではないでしょうか。

そういった女性は、まずは生活習慣の改善や、サプリメントで身体を整えることから始めましょう。ライフスタイルはPMSに大きく影響します。正しい生活習慣を送ることで、症状が和らいだ方も多いようです。

当サイトでは、病院で治療を受ける場合と、生活習慣やサプリで改善させる場合の、どちらの対策方法も紹介しています。症状だけでなく、自分の気持ち合った対策方法を選びましょう。

そもそもPMSが起こる原因って?

PMSが起こる主な原因は、女性ホルモンの急激なバランスの変化と言われています。生理の2週間くらい前から月経にかけての間は、生理に向けて「プロゲステロン」が急激に増加をする時期。これがPMSを引き起こす原因のひとつと考えられています。

プロゲステロンには、受精卵を守る働きがありますが、同時に水分や栄養分を溜め込んだり、腸の働きを抑える、食欲を高める、眠気を促すなどの作用もあります。むくみや便秘、過食など、まさにPMS症状そのものと言えますね。

また、生理前の期間は、月経に備えて体内のマグネシウムが排出されるため、栄養不足もPMSの大きな原因のひとつです。

これらのことから、PMSの症状を根本から改善するには、「女性ホルモンのバランスを整えること」と「不足しがちな栄養を補うこと」が大切なのがわかります。

そこで最も手軽で効果的な方法として注目を集めるのが、PMS対策のサプリメントなのです。

薬とサプリメントどちらがいいの?

クリニックを受診して薬を処方してもらうか、サプリメントを買って飲むか、どちらが良いのかは、その人の症状や環境によって異なるので一概には言えません。

そこで、それぞれの特徴を以下に比較してみました。あなたにとってベターなのはどちらか、表を参考に検討してみましょう。

※薬は、PMS全般の治療で利用される低用量ピルを例に挙げて紹介します。

  薬(低用量ピル) サプリ
金額 2,000~3,000円
(保険適応外の場合)
1,600~12,000円
効果 強い やや弱め~普通
副作用

多くの方が経験。代表的な症状は、吐き気や倦怠感など。
他にも様々な副作用の報告が上がっています。中には重度のものもあり、静脈血栓症による死亡リスクもあるので、必ず医師に説明を受けてから飲むようにしましょう。

ほとんどなし。
手軽さ 個人輸入もできるが、安全性を考えると婦人科へ受診する必要がある ネット注文や市販で手に入る
口コミ
  • PMSのために飲み始めましたが、生理が予定通りくるので不安が軽減されました。
  • 副作用はありましたが、私の場合は1週間程度でおさまりました。私生活が過ごしやすくなったので、とても嬉しいです。
  • ピルを飲み続けたらPMSが落ち着いたので、仕事も人間関係も上手くいくようになりました。
  • 飲み始めてから、PMSだけでなく生理痛も軽減されました。
  • サプリだから安全に飲み続けられます。悩みだった暴食も落ち着き、むくみも軽くなったので、もう手放せません。
  • 生理前の仕事や私生活が、ずっと楽になりました。

成分別・PMS対策のおすすめサプリメント一覧

PMS対策サプリメントを利用するメリットは、食事からはなかなか摂れないさまざまな栄養分を摂取できること。市販のPMS対策サプリメントには、主に以下の成分が配合されています。

ルナの実
ルナの実

ヨーロッパで古くから女性の悩みを緩和するのに役立てられてきた、チェストベリーが主成分。大豆イソフラボンや馬プラセンタなどのホルモンに働きかける成分や、ビタミン類などの美容にアプローチする成分を贅沢に配合しています。毎月のツライ憂鬱をスッキリさせ、キレイと健康もサポートしてくれるサプリです。

初回価格:980円(1ヶ月分)

ルナの実の詳細はこちら≫

ピクノジェノールプラス
ピクノジェノールプラス

ビタミンCの約340倍ものパワーがある特許成分ピクノジェノールを1260mgも配合した、看護師との共同開発で生まれたサプリ。さらにホルモンの分泌を正常にしてくれる大豆ペプチドやミネラルなどがタップリ含まれており、PMSの症状へ複合的に働きかけます。

初回価格:4,980円(1ヶ月分)

ピクノジェノールプラスの詳細はこちら≫

イブニングプリムローズ(月見草)
イブニングプリムローズ(月見草)

月見草も、女性ホルモンの働きを整える作用で有名なハーブのひとつ。月見草オイルに含まれるγリノレン酸には、皮膚のバリア機能を高めたり、ホルモンバランスを整える働きがあります。こちらのサプリはとくに「生理前の吹き出物」に効果テキメンと評判です。

通常価格:3,800円(1ヶ月分)

イブニングプリムローズの詳細はこちら≫

フラコラプラセンタつぶ5000
プラセンタつぶ5000

良質なヨーロッパ産の天然プラセンタ(豚由来)に3種類の美容成分が贅沢に配合されています。美容やアンチエイジング効果が有名なプラセンタですが、近年はPMSの症状を和らげる作用も注目されています。生理前の肌荒れをはじめ、倦怠感、眠気などの症状にとくに効果的です。

通常価格:3,334円(1ヶ月分)

プラセンタつぶ5000の詳細はこちら≫

EPA DHA α-リノレン酸
EPA DHA α-リノレン酸

健康維持に注目を集める必須脂肪酸・オメガ3を配合した小林製薬の人気サプリです。中でも、αリノレン酸には、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を高める働きがあって、生理痛やPMSの緩和にも効果が期待されています。口コミでは、生理前のイライラや不安感がおさまったとの意見も。

通常価格:2,500円(1ヶ月分)

EPA DHA α-リノレン酸の詳細はこちら≫

ピュアリズム
ピュアリズム

2種類の女性ホルモン、それぞれに働きかける成分が配合されていることで注目を集めるサプリです。チェストツリーはプロゲステロンを、イソフラボンはエストロゲンの働きをそれぞれサポートし、生理前に崩れがちなホルモンのバランスを整えてくれます。

現在は取り扱いがないようです

ピュアリズムの詳細はこちら≫

  • セルフチェック!